トップへもどる

テキスタイルアートコース

教員より

あっと驚くような素材を染めたり織ったり加工したりと、多彩な表現が本学テキスタイルアートの特色です。今年は会場での滞在制作や販売を前提とした手作りバックの展示など、新しい試みもあり盛りだくさん、会場では気軽に声をかけてください。質問なども大歓迎です。どこか怪しげで楽しげで癒される空間になりそうな今年のテキスタイルアートをどうぞ体感してください。

(空間デザイン領域 テキスタイルアートコース 准教授 田辺由子)


テキスタイルアートコース 学修概要

素材から発想する力がテキスタイルをアートに変える。

基本である「つくること」を通して、テキスタイル技法を学び、伝統工芸や現代アートにも目を向け、感性を磨きました。「なぜこの作品をつくるのか?」「何を世の中に伝えたいのか?」自分自身や社会を見つめ、手作業をとおして素材と向き合うことによって自分にしかできないスタイルを探求してきました。

(※ テキスタイルアートコースは、2014年度入学生から新しく「コスチュームデザインコース」となります。)

(大学案内掲載のコース紹介より)

》空間デザイン領域 テキスタイルアートコース カリキュラムページへ


[4年生]空間デザイン領域 テキスタイルアートコース 京都市美術館にて卒業制作展
[3年生]空間デザイン領域 テキスタイルアートコース 京都市美術館にて進級制作展
 
》空間デザイン領域 テキスタイルアートコース 制作風景レポページへ


(写真撮影:メディアデザイン領域1年生 前田実胡)